朝、知り合いの保険外交員のママさんから自宅付近に行く用があるので、近くでランチでもいかが?と連絡がありました。かなり急なお誘いでしたが、ランチの1時間ならいいかと快諾し、待ち合わせの場所と時間を決めて落ち合うことになりました。
待ち合わせ時間の30分前になったので外出の支度を始めたところ、ピンポンが鳴ったので、テレビ付きドアホンを確認すると工務店の事務員さんでした。今は賃貸マンションに住んでいますが、注文住宅を購入しようかと迷い中で、この工務店にいろいろなことを教えてもらっている最中でした。
特に事前に来る連絡がなく突然の訪問でしたので、何かあったのかと思い、たまたま起きていた1歳の娘を抱っこして玄関に向かいました。

事務員さんは自宅近くに戸建のセミナーを開催する旨のチラシを配っていて、我が家には注文住宅の進捗状況を伝えにきたとのことでした。
それだけなら納得なのですが、そこから事務員さんのマシンガントークが始まりました。事務員さんは中年の女性ですが元気で熱意のある方です。最近新しい方が入社したのですが、この方の仕事に対する姿勢があまりにも違いすぎてストレスが溜まっているようで、いろいろなことを吐き出しました。
この会話中に抱っこしている娘は寝てしまい、保険外交員のママさんとのランチの約束時間を過ぎてしまいました。最後は無理やり切り上げてお帰りいただきましたが、速攻でママさんにお詫びの連絡をして次回埋め合わせをさせてほしいとお願いし、ママさんから承諾を得ることができました。

工務店の事務員さんはとてもいい方なだけに、次回来るときは事前に連絡してほしいですし、もし事務員さんがきたら長丁場になることを肝に銘じておこうと思いました。http://www.1law4all.co/sapuri/