Month: 11月 2016

週末に料理を作ってくれる夫が迷惑でたまりません。

先日、夫と些細なことで大喧嘩しました。理由は、オクラを勝手に茹でたことに対しての喧嘩です。最近夫は、土日に料理をしてくれます。それはとてもありがたいことです。私は料理が苦手なので、週末料理をしなくて済むだけで助かります。でも夫は、作るのだけが専門なのです。片付けは絶対にしません。そして、やたらとお皿を使います。洗うのがそれだけで大変です。そして揚げ物をよくするので、油の消費率が半端ありません。コンロの周りは油でギトギトです。正直迷惑だったりもします。食材もこれでもかというほど使うので、また買いに行かなくてはならず、一週間の買出しがムダになってしまいます。なので、なるべくムダなく計算して食材を使って欲しいとお願いしました。「オクラは別の料理に使うから置いといてね」ってあれほど言ったのに、3袋全部茹でてしまったのです。人の話を全く聞かない夫に腹が立ち、嫌味を少しだけ言ったら夫が、「人の親切をお前はそんなに責めるのか!!」っと切れだしたのです。もうこうなると最悪です。せっかくの料理も冷めるし、子供達も白い目で私達を見ています。夫が怒ると長いのです。もうこんなにイライラするぐらいなら、自分で料理した方が断然マシです。夫婦だからこそ何かと揉めると大変だなっと思った出来事でした。 http://angelcute-deli.net/

こうした低い調髪屋に行きました、でもしかし

本当に一般に低い調髪屋は1000円が賭けですよね。2000時期に入って次々出店して今はこの調髪屋がどこらじゅうにあります。それでほんのり遠く殆ど行かない優秀へ行ったときに、その向かいに600いくらと広告がされた調髪屋がありました。正確な金は忘れましたがいずれにしても600円卓だ。それで行ったのですが、どうも歳月指定されていて、通常ではなくウィークデーに以上朝方10季節から昼過ぎ2季節までとなっていました。こういう時間はほんとに2,3やつ待機が掛かる状態ですね、平常時も。こういう安さですから。軒並み、お年配ばかりでどう見ても年金人生が貧しそうでしたね。この激安のお仕事場って入り辛いんですよね。精神的に。なんか我々、貧乏人ですって言っている感じだし、恥ずかしさも居残る。負い目もなぜか感じ取る。つまり、精神的にへこむんです。ワザは普通の調髪屋と変わりません。ただ、こういう安さなのでサッと仕上げてサクサク客を回さなければという感覚が感じましたね。そうですよね、ほんとに。5万借りる