2歳の娘は耳鼻科が大嫌いです。
耳に何か器具が入ったり、鼻水を吸われたり…全力で泣き叫び、暴れます。
お姉ちゃんのときは、こんなに泣かなかったのになぁと思いつつ、診察している間は必死で抑えています。暴れると危ないですからね。
こんなに嫌な耳鼻科なんですが、よく行くんです。鼻水がよく出るので。また中耳炎になったら、大変ですからね。
今日は、診察室に呼ばれる前に、「もう泣かないでね」と娘に言ってみました。でもまだ2歳なので、言っても無駄だろうなぁ?と、まぁ深く考えずに言ったんです。
そしていざ診察室へ。いつもだったら診察室の椅子に座る前に泣いているのに、あれ、今日は泣かない。
診察中も必死で泣かないように、体に力を入れて頑張っていました。
私が診察前に言った、泣かないでねという言葉をちゃんと理解して頑張ったんだなぁと思いました。言えばわかる子だったんですね…だったら、もっと前からちゃんと言い聞かせたらよかったなぁと思いました。
子供だし、まだ小さいからわかるわけないという思い込みはダメだなぁと思いました。
これからはちゃんといろんなことを話してみようかな。簡単に借りられる カードローン